wartsila 26-スペアパーツ wartsila 26

すべての私たちのスペアパーツ wartsila 26エンジンは、ヨーロッパのOEM(Original Equipment Manufacturers)によって製造されています。 これにより、すべてのスペア部品は、エンジンメーカーが設定した最高​​の基準に従って製造されます。 顧客基盤が大きいため、スペアパーツはバッジで購入しています。 これにより、十分な在庫が確保されます。

オリジナルの偵察パーツも販売しております。 これらの部品は、エンジンメーカーの仕様に従って、自社のワークショップで常にオーバーホールされています。 これにより、すべての偵察部品が元の規格に準拠することが保証されます。

私たちはすべてのスペアパーツに標準保証を提供しています。 必要に応じて、要求された部品の標準保証期間を延長するために交渉することができます。

WARTSILA 26の予備品:

1のページ9
結果1 - 48の402
1のページ9

*すべての製品は、記載されているエンジンのタイプとブランドに適しています。 表示される部品番号は、製品を識別するためにのみ使用されます。

WÄRTSILÄ -スペアパーツ WÄRTSILÄ 26エンジン

Wärtsilä26は、260 mmシリンダーボアクラスの新しいエンジンに対する市場のニーズに応えて開発されました。 最初のエンジンは1996年に納入されました。6L26、8L26、9L26、12V26、16V26の構成に適したオリジナル品質のスペアパーツを提供しています。

WÄRTSILÄ 26ディーゼルエンジンの特性

  • いくつかの構成6、8シリンダーインラインエンジン、12、16シリンダーV形エンジンで構成されています。
  • 部品点数が少なく、メンテナンス要件が少なく、燃料消費量が少なく、排出レベルが低く、さまざまな燃料で実行することができます。
  • IMO TIER II排気ガス規制に完全に準拠しています。